動画の内容はテキストで読むこともできます

XDユーザーズガイドのテキストを読みながら学ぶとより理解できます

公式テキストを読む

この動画のサンプルファイル (985 KB)

Tutorial

オブジェクトの塗り、線、ドロップシャドウの設定 2/3(線、アウトライン)

Adobe XD でオブジェクトへ線を適用するには、まずオブジェクトを選択します。プロパティインスペクターで「線」が有効になっていると、カラーピッカーを表示して色を変えたり、サイズを指定して線幅を変更できます。

線分と間隔を指定して点線にすることができます。また、パスの位置、先端の形状、結合部の形状も指定できます。

線をアウトライン化するとシェイプとして扱えます。オブジェクトを選択して、オブジェクト/パス/パスのアウトラインを選択すると、線が独立したオブジェクトになります。

アウトライン化した線は、 アンカーポイントをドラッグしてカスタムシェイプを作成したり、塗りにグラデーションを適用することができます。