動画の内容はテキストで読むこともできます

XDユーザーズガイドのテキストを読みながら学ぶとより理解できます

公式テキストを読む

Tutorial

オブジェクトの塗り、線、ドロップシャドウの設定 1/2(塗り)

この動画のサンプルファイル

ui-design-set-border-color-shadow.zip (2 MB)

Adobe XD でオブジェクトへカラーの塗りを適用するには、まずオブジェクトを選択して、次にカラーピッカーを表示します。

カラーフィールドとカラースライダーを使用して色を調整すると、オブジェクトの塗りの色が変更されます。 スポイトツールを使用したり、HSBA、RGB または 16 進数の値を直接指定することもできます。
カラースライダーを使用するか、パーセンテージの値を指定して、不透明度を設定したり、グラデーション塗りつぶしを適用することもできます。

オブジェクトに画像の塗りを適用するには、画像をオブジェクトにドラッグします。オブジェクトに配置された画像は、ダブルクリックして切り抜きモードにすると、画像の位置や大きさを変更することができます。