動画の内容はテキストで読むこともできます

XDユーザーズガイドのテキストを読みながら学ぶとより理解できます

公式テキストを読む

Tutorial

Adobe Fontsとの連携

Adobe XD は、環境に無いフォントが Adobe Fonts ライブラリから入手できる場合、それを自動的にアクティベートします。特に操作する必要はありません。

使用しなくなったフォントがある場合は、Creative Cloud アプリののフォントタブからディアクティベートできます。リストから明示的に選択して無効にする方法と、メニューから一括で行う方法が利用できます。

自動的に置き換えられないフォントがある場合は、ドキュメントアセットの該当するフォントの横に「!」が表示されます。置き換えるには、フォント名を右クリックして「フォントを置き換え」を選択します。置き換える前に、カンバス上で代わりのフォントをプレビューできます。「OK」を選択すると、新しいフォントに置き換えられます。

環境に無いフォントがどこで使われているかを確認するには、フォント名を右クリックして「カンバスでハイライト」オプションを選択します。すると、デザイン内でそのフォントが使用されている場所がハイライトされます。